人間ドック

人間ドックを受けようと思っているあなたが知っておくべきこと

top

「人間ドックを受けよう」と思っているあなたは、きっと今、「特にこれといって症状がないが、悪性腫瘍などがどこかに潜んでいないか気になっている」、「一年に1回は健康のために自分の身体のことを知っておきたい」などの、健康志向の方のはず。

もしかしたら、「どこと特定はできないものの、なんとなく不調がある」といった総合的な検査が必要なのかもしれません。
いずれにしても、人間ドックを受ける前に、その内容や定義を確認し、あなたが最も納得できる人間ドックを選ぶのをおすすめします。

人間ドックとはそもそも何か?

人間ドックとは、一言でいえば、健康保険の対象外となる総合的な精密検査です。身体測定から目、呼吸器、内臓機能、血液、便や尿などから重大な病気が潜んでいないか、もしくはその病気リスクを総合的な検査によって判断することで、より信頼性の高い検査結果を得ることができる検査です。

人間ドックの検査内容

大きく分けて「基礎ドック」と「専門ドック」の2つがあり、それぞれ必要性に応じて選ぶことができます。

基礎ドック:生活習慣病に関わる検査項目が主流で、保険適用のある「健康診断」の検査をより詳細に行うもの
専門ドック:脳ドック、レディースドック、がんドックなどの重大な疾患リスクを知ることができる、それぞれの部位や疾患に特化した精密検査。

基礎ドックにおいては、次のような検査項目があります。

・身体計測・血圧測定
肥満度、体脂肪率、筋肉率、血圧など
・生理検査
視力や聴力、心拍数、呼吸機能など
・X線・超音波検査
胸部X線、腹部超音波検査
・生化学検査
血液中の蛋白量や肝臓・腎臓の状態が分かるアルブミン量などが分かる血液中の物質を分析する検査
・血液学検査
血液中の赤血球や白血球、血小板の形や量を調べる
・血清学検査
血液中の抗体の有無や量を調べ、感染症があるかを調べる
・尿検査
尿の成分を調べ、腎臓や肝臓をはじめとした体の異常を調べる
・便検査
便を調べることで消化管疾患がないか、寄生虫や細菌感染がないかを調べる
・問診・診察
医師による問診や診察で、日頃の食生活や飲酒、喫煙状況などの実態を知り、アドバイスを受ける。もしくは気になる症状を伝えることで、病気の早期発見につながる。

(参考:日本人間ドック学会「一日ドック基本検査項目表2015」ベルクリニック

人間ドックの料金

人間ドックは健康保険が適用されないため、全額自己負担になります。医療機関によって異なりますが、一般的な人間ドック、つまり脳ドックや乳がん検診などの専門的な検査を行わない、基本的な検査だけの費用で、およそ3万円から6万円程度です。
また、日帰りではなく、1泊2日のより詳細な検査を受けた場合には、5~7万円ほどといわれています。

人間ドックを選ぶポイント

人間ドックを決める前にぜひ確認してほしいこと。それは、自分がこれから受ける検査は、本当に自分が知りたいことが分かるのかということです。人間ドックを提供している医療機関によっては、検査項目を選べます。
また、日帰りと宿泊の選択や、費用とのかねあいもよく考えて選ぶ必要も。
ただ有名な医療機関の人間ドックだから、とりあえず受けておけば大丈夫だろうと過信せず、「自分は今、何が知りたいのか?」を明確にした上で、その知りたいことが多くの検査が必要になった場合に、人間ドックを選ぶようにしましょう。

人間ドックを受けた後すべきこと

人間ドックを受けると、一日がかりの検査を行い、ある程度の達成感がありますが、最も大事なのはその検査結果です。
検査結果はおよそ検査から2週間~4週間程度で得ることができます。その検査表を見て、自分の身体の状態や、自分の知りたかったことを確認しましょう。
一般的な基準と照らし合わせたい場合は、日本人間ドック学会の「検査表の見かた」を利用すると便利です。

もし異常が見つかった場合には、必要な外来を受診し、早急に対処するのをおすすめします。