乳がん検診

乳がん検診を受ける前に知っておきたいこと

nyu

北斗晶さんの乳房摘出が話題になり、乳がん検診は今非常に注目を集めています。もしかすれば、あなたもこのニュースを聞きつけて、「自分も乳がん検診を受けなければ!」と不安になっているかもしれません。

そもそも、乳がん検診は、乳がんの疑いや不安がある人、40代以上の女性全般のほか、実際に乳房にしこりのような違和感、痛みを感じる場合や、乳頭から血の混じった分泌物が出たという場合に受けるべき検査です。

この乳がん検診の検査内容や流れ、料金、受ける前に知っておきたいポイントなどをご紹介します。

乳がん検診の検査内容

乳がん検診には、さまざまな種類があります。主に、「問診・視触診」「マンモグラフィ検診」「超音波検診(エコー)」の3つがあります。

1.問診・視触診
お医者さんが手で触ることで、しこりの有無により乳がんを発見するものです。しかし、早期発見はむずかしいのが現実です。

2.マンモグラフィ検診
乳がんができると、がん細胞から生まれる副産物として乳房内が石灰化することがあります。この石灰化や小さなしこりを、X線を用いて乳房を撮影することで、早期発見するための検査です。乳房を圧迫版に挟んで撮影します。
また、乳腺が多い若い女性の場合、がんと区別がつきづらいので、不向きといわれています。

3.超音波検診(エコー)
超音波を使ってしこりや石灰化を発見する方法です。マンモグラフィ検診と比べると、微細な石化化の発見はむずかしいとされています。

年齢や状態、必要性に応じて、検査方法を選ぶ必要があります。

乳がん検診の料金

乳がん検診の料金は、40歳以上の女性の場合、市区町村が行っている検診や、会社で実施している検診などでは、無料で受けられる場合や、3000円程度の自己負担で受けられる場合などがあります。
また、全額自己負担する場合は、マンモグラフィ検診は5000円前後、超音波検診は3500円前後です。また、医療機関によっては、3つすべての検診を行うコースを設けていることがあり、その場合、10000円~15000円程度の費用相場となります。

乳がん検診のポイント

無症状が多い乳がんは、早期発見が大きな手助けになります。ただし、40歳未満の女性の場合で、特に症状がない場合には、乳がん検診を受ける必要はないという説もあります。
というのも、先ほども紹介した通り、マンモグラフィ検査は若い乳房には不向きなところがあるからです。
また、40代以降の方でも、検査結果によっては、がんかどうかを確認するための精密検査が必要になることもあります。異常はないのにもかかわらず、このような過剰診断にふりまわされるケースもあるといわれているのです。

乳がん検診を受ける場合、ただ闇雲に受けるのではなく、必要性に応じて受けるというのが賢明といえそうです。